Event is FINISHED

支える人の学びの場
医療および教育専門職のための こころ塾2016仙台
「発達障害の理解と支援:先端の知と実践をつなぐ」

Description


支える人の学びの場

医療および教育専門職のための

こころ塾2016仙台 

 「発達障害の理解と支援:先端の知と実践をつなぐ」

現代の社会には、人を支えることを仕事としている人たちがたくさんいます。中でも、教育や医療の現場で働く人たちは、子どもやお年寄り、病気の人や身体の不自由な人たちが安心して暮らせる社会の、一番の担い手でもあります。そして、支える人たち自身も元気で健やかに毎日を過ごせることが、私たちのめざす日本社会の姿ではないかと考えます。京都大学こころの未来研究センターでは、こうした考えのもとで「支える人たちが元気になる学びの場」を作ることを発想し、2013年から「こころ塾」を開講しています。

2016年度は、下記の要領で「医療および教育専門職のためのこころ塾2016仙台 」を実施します。

多数の皆様の申込みをお待ちしております。

日時 2016924日(土)950分~17時 (受付開始時間 9時~)

場所 東北大学 川内南キャンパス 文学部第1講義室

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/kawauchi/areac.html 

地図:C-18 

(宮城県仙台市青葉区川内27-1) 

定員 100名 (申込による先着順) 

定員になり次第、締め切らせて頂きます。

参加資格 教育や医療に関係する仕事に就いている方はどなたでもご参加いただけます。     

参加費  無料

プログラム 

9:50-10:00  挨拶 吉川左紀子 (京都大学こころの未来研究センター・センター長)

10:00-11:30 講演 「自閉症の診断基準を神経機構から理解する」

          乾敏郎(追手門学院大学心理学部・教授/京都大学こころの未来研究センター・特任教授

11:30-12:50 休憩 ※会場内では飲食ができませんので、学食や近隣の飲食店をご利用ください。

12:50-14:00 講演 「子どもが育つ・親も育つ―親性機能の獲得とその神経機構」

            明和政子(京都大学国際高等教育院/大学院教育学研究科・教授)

14:20-17:00 事例報告と討議

         高畑脩平(白鳳短期大学総合人間学科リハビリテーション学専攻作業療法学課程・講師)

         乾敏郎

         明和政子

         吉川左紀子(司会)

*******************************************************

■ご参考:昨年のこころ塾仙台レポート

http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/jp/news2/2015/09/150905kokorojuku-sendai.php

*******************************************************

連絡先:

京都大学こころの未来研究センター・リエゾンオフィス(平日9時~17時)

E-mail: kokoro-sendai@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

主催:京都大学こころの未来研究センター

共催:東北大学大学院文学研究科 心理学講座

   京都大学大学院医学研究科 脳機能リハビリテーション学分野 発達障害系研究室

Event Timeline
Sat Sep 24, 2016
9:50 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東北大学 川内南キャンパス 文学部第1講義室
Tickets
こころ塾2016仙台
Venue Address
宮城県仙台市青葉区川内27-1 Japan
Directions
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/kawauchi/areac.html  ※地図:C-18 仙台駅より 地下鉄東西線 「八木山動物公園」行乗車 「川内駅」または「国際センター」駅下車後徒歩約5分
Organizer
京都大学こころの未来研究センター こころ塾事務局
77 Followers